| R | C | A | L | P |
くまがし「脳いきいきアート塾」(9/8)で「キーウイフルーツの量感画」を楽しみました。次回(10/13)は「月光とススキ」です。

*臨床美術で右脳を活用して、ピカソのように元気で長生きしましょう!

 

 

じっくり見ると、丸みといい肌といい、ヘタの形といい、食べるのが惜しいくらいです・・・が、

試食しました。甘酸っぱい香りと味が広がっていきます。外皮のうぶ毛が何とも愛らしいですね。

 

 

カサカサ・・・バフン紙独特の描き心地が気持ちがいいでしょう。

キーウイフルーツのふくらみやボリュームも意識しながら色鉛筆で色を重ねていきます。

 

「描くことを 楽しむことができていれば 気持ちは楽になっていく」  (金子健二)

 

 

 

 

 

色鉛筆で描くのは初めてのTさんの作品です。

繊細な色鉛筆のタッチが優しく美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

キーウイフルーツの微妙な色合いや触感が表現できて、小作品ながらマンゾク、満足。

 

 

 

 

 

 

 

色鉛筆を幾重にも塗り重ねていくことで、繊細で複雑な色が生まれてきます。シンプルに色彩の世界を楽しみながら、ポストカードも作ってみました。

 

 

 

 

色は単調ではない不思議な世界ですね。

 

 

 

 

  〜次回のお知らせ〜

 

10月13日(金)9:30〜12:00

 

「月光とススキ} 

ススキが最も美しい「中秋の名月」のころは、秋の真ん中の季節。 俳句や短歌をきっかけに月光の情景を思い浮かべながら、制作を楽しみます。光が透ける和紙を重ねて、月や夜空の様子を表現してみましょう。 風情のある作品が出来ますよ。

 

 

 

 

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
広島「自由創作教室ラアム」(9/3)で「茄子の量感画」を制作しました。次回(11/5)は「紅葉屏風」です。

*アートでつなぐひとのわ

 

2か月ぶりの広島です。

「一 富士、二 鷹、三 那須比(なすび)」 

奈良県産の茄子を保冷バッグに詰め、広島への道中、広島県産の茄子も購入して、発車オーライ・・・ 💕

 

「自由創作教室ラアム」に集ってくださったみな様、お久しぶりです。 

モチーフの茄子を五感で感じ取り、感動を量感画の手法を通して表現することを楽しみました。

泉州の水茄子のヌカ漬け、サッパリしていて美味しかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茄子の原産地は、インド東部です。千年以上前に、中国から奈良の平城京に伝わり「夏実」と呼ばれていました。粕漬けにして食されていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微細な形をとらえながら、茄子を塊でとらえ表現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茄子の自然の中にある色を観察し、豊かに色を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

個性的な表現がいいですね。

 

 

 

 

「芸術とは目に見えるものを複製することではない。

 見えないものを見えるようにすることだ。」

 

                  パウル・クレー

 

 

 

 〜次回のお知らせ〜

 

 

11月5日(日)10:00〜12;20

 

 「紅葉屏風」・・・ 紅葉の情景を思い浮かべながら、印象的に風景画を描きます。  紅葉の色彩の美しさや葉の重なりが、ユニークな手法で楽しみながら描けます。

 

 

 

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

eme-ru   raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(8/20)で「フォルメンパズル」に挑戦しました。次回(9/24)は「ブドウを描く」です。

*動かなければ出逢えない。

 

残暑お見舞い申し上げます。例年になく蒸し暑い夏でしたが、みな様、お元気でお過ごしでしたか。

 

今日、8月22日は、新月、そして皆既日食が起こるパワフルな日です。

このブログをUPした後は、久しぶりにお風呂屋さんに行って、サウナで汗を流し、水シャワ〜〜〜で、スッキリ。夜は、静かに瞑想・・・をします。お金のかからない、リッチな過ごし方でしょう。

 

そして、冷たいビールかワインで、これからの「変化の波に乗るぞ〜!」と、乾杯です。

グラス受けのコースターは、色鉛筆で描いたこんな作品がお洒落でしょ。

 

 

 

 

マル、三角、四角の要素を自由に組み合わせて描いた、自分だけのオリジナルコースターです。表面は、ラミネートでコーティングしているので、水の滴る冷たいグラスでもOKですよ。

 

制作された参加者のみな様、ぜひ、実践してみてくださいね。

 

「変化の波に乗る」簡単な方法があります・・・それは、クリニカルアートで抽象表現を楽しむことです。

好奇心と行動で、自分を解き放つだけでいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒・白・色面の形のハーモニーを楽しみながら制作した「フォルメンパズル」は、普段使わない脳のある部分を強烈に刺激してくれましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

描き分割し再構成し、新たな画面に展開していく。制作しながら、設定・決定・行動する・・・ワクワク感を楽しんでいただければOKです。

 

完成した作品を、Tシャツなどにプリントできればどんなに素敵か!・・・と思います。

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

9月24日(日)13:30〜16:00

 

「ブドウを描く」

 

パステルワークを楽しんだ後は、ブドウを観察します。もちろん試食もしますよ。今回のブドウは「甲斐路」の予定ですが、いいのが入手できるか?・・・頑張ります。水彩絵具の透明感とオイルパステルの色彩で、ブドウのみずみずしさや味、香りを表現しましょう。

 

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru  raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
くまがし「脳いきいきアート塾」(8/18)で「植木鉢に描く地中のアナログ画」を子どもたちと楽しみました。次回(9/8)は「キュウイの量感画」です。

* 感性を育み、表現力を養うクリニカルアート!

 

 

 

 

 

夏休み、お祖母ちゃんとお母さんも一緒に、クリニカルアートを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

年齢や経験ではなく、アートを楽しめるかがポイントです。

 

 

 

 

 

 

シールの種を貼ったり、オイルパステルでの土作りも楽しかったけど、線や点を入れたりするところが面白かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろも横も前もグルッとまわして、お気に入りの場所でストップ。

いろんな形が見えてきますね。

植木鉢だけど、そのまま飾っても素敵です。

 

 

 

 

 

素焼きの材質感がそのまま生かされた、パステルのタッチが軽やかな個性的な作品です。

ミニサボテンを入れても映えますよ。

 

 

 

 

 

来年の夏休みも、またアートを楽しみにいらしてくださいね。

ありがとうございました。

 

 

 

 〜次回のお知らせ〜

 

9月8日(金)9:30〜12:00

 

「キュウイの量感画」

 

バフン紙独特の描き心地を味わいながら、キーウィフルーツ微妙な色合いや触感を色鉛筆で表現してみましょう。

 

 

 

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

| - | comments(0) | - |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(7/16)で「夏草図屏風」を描きました。次回(8/20)は「フォルメンパズル」を楽しみます。

*動かなければ出逢えない

 

 

夏草や 岩にしみいる 水の音 ・・・ あちこちの道端からとってきた草を見て一句読んだよ。

途端に、ヨシカさんの爆笑。芭蕉の名句が三つとも入っている!!! そうなのです。梅雨の後のいきいきとした生命感あふれる夏草を見たら、思わず何でもありで、飛び出してきたのです。 なかなかいけるでしょ。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

青墨の濃淡で、じっくりとそして素早く、柔らかくそして鋭く、揺れるようにそして動かぬように・・・ 夏草を味わいながら描いてみました。

 

 

 

 

草むらが出現したようです。

雑草といえども、風情のある草たちですね。

 

 

 

 

蘭にも負けない気品をもって、

 

 

 

 

大地に根を張って、スクスク、グイグイ、

 

 

 

 

サワサワと風に揺れ、シュルシュルと伸びていく、

 

 

 

 

青蛙や鈴虫までもが寝床とする優しい草むら、

 

 

 

 

おのころ草も夏パワーを吸い込んで、楽しんでいるようで、喜んでいるようで、

 

 

 

 

光と空気と水とを一杯いただいてて、パシパシ、ポツポツ、実らせて、

 

 

 

 

いきいきと力強く、そして美しく、

 

 

 

 

個性と調和をもって咲いている夏草たち。

 

 

 ここにおちつき草萌ゆる

            種田山頭火

 

 

 

 

      〜次回のお知らせ〜

 

8月20日(日)13:30〜16:00

 

「フォルメンパズル」

黒・白・色面のハーモニーを楽しみながら制作します。色鉛筆の描き心地を味わいながら、繊細な色彩表現を楽しみます。

 

  

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

me-ru   raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
くまがし「脳いきいきアート塾」(7/14)で「ズッキーニを描く」を楽しみました。次回(8/18)は夏休み企画「植木鉢に描く地中のアナログ画」です。

*「臨床美術」で右脳を活用してピカソのように元気で長生きしましょう

 

 

勢い良く伸びた葉元に、形のいいズッキーニが育っていますね。

黄色い花が縮んで、だんだんと実が大きくなってきます。花をつけたままの「花ズッキーニ」も美味しいのですよ。

 

 

 

Zucchini   Zucchini   ズッキーニ ・・・ なんとなくカッコイイ響きです。

19世紀後半になってイタリアで改良され、20世紀に入ってからフランス料理やイタリア料理の食材に取り入れられましたが、それまでは、カボチャのような形でした。

ズッキーニは、じつはかぼちゃの仲間なのです・・・かぼちゃと聞いたら急に親しみが湧いてくるでしょう・・・ 少し苦みがありますが、生でも食べられますね・・・ サラダにいけるかも。

 

さて、いよいよズッキーニを描きます・・・ フムフム・・・ へー・・・ なるほど・・・ と、制作に集中して・・・ 完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうです!!! どれも夏の暑さを吹き飛ばしてくれるくらい、パンチの効いたズッキーニでしょう。

年齢は関係ないのです。感じて、描いてみようとするだけでいいのです。オイルパステルでいろんな色を出してみようとするだけでいいのです。

 

教室の後のランチに、ズッキーニのマヨネーズ和えが付いていましたね。ズッキーニの食べ方にも話が弾みます。

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

8月18日(金)9:30〜12:00

 

夏休み企画

 

「植木鉢に描く地中のアナログ画」

素焼きの材質感を触覚的に楽しみながら、じっくりと土の中の世界をアナログ的に表現していきます。個性的な植木鉢ができますよ。サボテンを入れたり、そのまま飾っても素敵です。

 

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

mail raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
広島「自由創作教室ラアム」(7/1)で「植木鉢に描く地中のアナログ画」を楽しみました。次回(9/3)は「茄子の量感画」です。

*アートでつながる人のわ

 

2005年5月からスタートした「自由創作教室ラアム」は、おかげさまで、13年目を迎えました。

みな様の友情に支えられてきたことを感謝申し上げます。「みんな違ってみんなよい。人の数だけ表現がある。」(臨床美術創設者 金子健二)のことばを心にとめて、アートすることをみな様と楽しんでいきたいと思います。

広島のみな様、今後ともお付き合い、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

カサカサ・・・カリカリ・・・素焼きの植木鉢にパステルをこすりつける音が心地よく

 

 

 

 

 

 

 

ツルツル・・・ベトベト・・ベビーオイルでパステルを広げていくのに夢中になり

 

 

 

 

 

 

 

後ろ姿をお見せできないのが残念ですけど

 

 

 

 

土の中からいろんなものが飛び出してくるようで

 

 

 

 

 

 

 

線や点だけでなく、コリコリとスクラッチをしたり

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りのチャームポイントも強調して

 

 

 

 

混色・重色・・・たくさんの色を楽しみながら

 

 

 

 

世界に一つしかない、個性的な植木鉢が〜できました〜 💕

そのまま飾っても、サボテンを入れても素敵です。

 

アナログ画って、面白いですね。

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

9月3日(日)14:00〜16:20

 

「茄子の量感画」

五感でモチーフを感じ取り、感動を量感画の手法を通して表現します。雰囲気に合わせて作品の構成をして仕上げましょう。

 

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(6/18)で「スタンピングで描く紫陽花」を楽しみました。次回(7/16)は「夏草図屏風」に挑戦します。

心動くとき新しい自分と出会える

 

 

 

雨の雫が美しくきらめく季節の花と言えば・・・紫陽花ですね。

色彩豊かなアジサイを色紙に描きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既成概念にとらわれずに、モチーフから受ける印象を大切に表現しています。

部屋に飾って眺めていると〜〜心はゆったり〜〜自然に触れている感じですね。

 

 

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

7月16日(日)13:30〜16:00

 

「夏草図屏風」なつくさずびょうぶ

夏草のいきいきとした生命感あふれる自然の美しさを、墨で描き、屏風仕立てにします。

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
くまがし「脳いきいきアート塾」(6/9)で「小石のフォルメン」を制作しました。次回(7/14)は「ズッキーニを描く」です。

*「臨床美術」で右脳を活用して、ピカソのように元気で長生きしましょう。

 

 

小石のもとは大石、大石のもとは巨石・・・わたしは、自然が時間をかけて作り出した石が好きです。

キラキラ光っているものが混ざっている石や、溶岩が固まったような石や、水の流れの中できれいに磨かれた石や・・・石の形・色‣成分は、すべて違います

石をじっと眺めているだけでも楽しくなりますね。

 

きょうは、小石が主人公。

小石を包むようにじっくりと、フォルメンで線を描いていきます。形がどんどん変化して、こんな面白い作品になりましたよ。

 

 

 

 

 

 

線を描き加えるたびに画面が変化し、線が、量や奥行きを生み出していく感覚も楽しい作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんなちがって、みんないい(金子みすゞ)」

 

一人ひとりの個性が光っています。

 

和紙にも描いて面白いと感じた部分をちぎり、カレンダーに仕立てたり、ミニ扇子に構成してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほほほ・・・今日も満足。楽しかったね〜」・・・もう少し顔が隠れるくらいの扇子がほしかったけど・・・

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

7月14日(金)9:30〜12:00

 

「ズッキーニを描く」新鮮なズッキーニならではの硬さ・色・重さ・触感の魅力を感じ、下地を作ることによるオイルパステルの混色を用いて表現します。量感画のプログラムは、久しぶりです。

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(5/28)で「人参のネガポジ画」を楽しみました。次回(6/18)は「スタンピングで描く紫陽花」です。

*動かなければ出逢えない

 

 

 きびしい暑さが続く毎日ですが、それでも木々の緑は美しく、小鳥やカエルの鳴き声も活発になり、爽やかな季節を感じることができて、ありがたいと思うこの頃です。

はじめに、パステルワークで肩慣らし・・・この季節を感じさせる作品になりました。

 

 

一点一点、額に入れて部屋に飾っても、気持ちがいいですよね。

 

 

 

 

さて、「人参のネガポジ画」にチャレンジ!!

地物のにんじんは、まだまだ小さいので熊本県産の人参です。ずっしりと中身が詰まっています。

 

 

 

 

 

色も形も九州育ち。元気がいいけんね!!!

 

 

 

表面の凸凹や張り感もよく感じて、

 

 

 

品よく繊細に、

 

 

 

カロテンもたっぷり取り込んで、たくましく描きました。

 

 

 

赤・オレンジは、原初の叫び。

描いて、観て、そしてかじって、日頃の疲れも吹っ飛ばし、パワーアップ 💕

 

 

 

〜次回の案内〜

 

6月18日(日)13:30〜16:00

 

「スタンピングで描く紫陽花」

量感画とスタンピングの技法を組み合わせ、色彩豊かなアジサイを色紙に描きます。既成概念にとらわれずに、モチーフから受ける印象を大切に表現してみましょう。 季節感を楽しんでくださいね。

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

mail raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

| - | comments(0) | - |
| 1/10 | >>