| R | C | A | L | P |
広島「自由創作教室ラアム」(12/4)で「スルメを描く」を楽しみました。次回(2/5)は「SWeet Apple」「成長する形」の2つの色鉛筆プログラムです。

*アートでつながるひとのわ

 

今日は新しい年に向けて、スルメ・するめ・寿留女・・・を描きました。

2017年は、アートで人の輪が少しずつ広がってくるような楽しい予感がします。

 

 

 

 

 

初参加された4人の方々の、のびやかで個性あふれる作品に、みんなの笑顔がこぼれました。

 

 

 

 

 

 

 

足を見てちょうだい! 室町時代ではお金のことを「お足」と呼んでいて、10本も足のあるスルメは、金運を呼ぶ縁起がいいものとされていました。なあ〜るほど。いい足でしょう。

 

 

 

 

 

海の養分を取り込んだスルメは、噛めば噛むほど味が出る・・・見れば見るほどいい色味・・・スルメの味がするような、いい色合いですね。

 

 

 

 

お金をスルの語呂ではいけないと、江戸時代では「アタリメ」呼ばれていたするめも、綺麗にお化粧して「寿留女」として変身しました。

 

 

 

 

さあ、来年はもっとお洒落して、「寿留女」をかじりながら、もっともっと自由に動き回るわよ! 

 

 

 

 

 

次回のお知らせ

 

2017年

2月 5日(日)10:00〜12:20

 

「Sweet Appie」りんごからたくさんの色を発見して、美しい色合いの自分だけのりんごを描きましょう。

 

「成長する形」墨が作り出した形をきっかけにして、色鉛筆の様々な線や色面などで、形が変化していく面白さを体験しましょう。

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

 

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>