| R | C | A | L | P |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(12/11)で「板に描く葉っぱのネガポジ画」を楽しみました。次回(1/15)は「りんごの和紙画」です。」

*心動くとき新しい自分と出会える。

 

いろいろあった一年でしたが、みな様お元気でお過ごしですか。

2017年は、ヌメロロジー(数秘術)ではです。9年サイクルの始まりの年になります。自分のやりたいことを明確にして「有言実行」で、願いを実現させていきましょう。

 

 

 

 

赤は、始まりの色。原初からの叫び。

 

 

 

強弱・濃淡と、リズミカルに描くことを楽しみました。

 

 

 

 

バルサ材の木目も表現に溶け込んでいます。

色を塗らない部分から、木肌そのものの魅力が感じられますね。

 

 

 

木目の中に色が擦りこまれ微妙な色味の違いを生み出しています。

 

 

 

 

葉っぱの形の重なりが、葉っぱの領域を出て、新しい面白い形を作っています。

 

 

 

木目を横切るタッチを楽しみながら、木材ならではの質感も表現した美しい作品ですね。

 

 

 

 

色が徐々に変化するグラデーションを取り入れ、色鉛筆の繊細な混色が美しいですね。

 

 

「芸術とは、目に見えるものを複製することではない。見えないものを、見えるようにすることだ。」(パウル・クレー)

 

 

〜~~次回のお知らせ~~〜

 

2017年

1月15日(日)13:30〜16:00

 

「りんごの和紙画」りんごシリーズ第2弾。和紙画に挑戦してみましょう。 薄墨で描いたリンゴの上から透明感ある和紙を貼り、水彩画風の混色効果を体験します。

 

問合せ「アトリエラアム」工藤

 

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>