| R | C | A | L | P |
くまがし「脳いきいきアート塾」(6/9)で「小石のフォルメン」を制作しました。次回(7/14)は「ズッキーニを描く」です。

*「臨床美術」で右脳を活用して、ピカソのように元気で長生きしましょう。

 

 

小石のもとは大石、大石のもとは巨石・・・わたしは、自然が時間をかけて作り出した石が好きです。

キラキラ光っているものが混ざっている石や、溶岩が固まったような石や、水の流れの中できれいに磨かれた石や・・・石の形・色‣成分は、すべて違います

石をじっと眺めているだけでも楽しくなりますね。

 

きょうは、小石が主人公。

小石を包むようにじっくりと、フォルメンで線を描いていきます。形がどんどん変化して、こんな面白い作品になりましたよ。

 

 

 

 

 

 

線を描き加えるたびに画面が変化し、線が、量や奥行きを生み出していく感覚も楽しい作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんなちがって、みんないい(金子みすゞ)」

 

一人ひとりの個性が光っています。

 

和紙にも描いて面白いと感じた部分をちぎり、カレンダーに仕立てたり、ミニ扇子に構成してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほほほ・・・今日も満足。楽しかったね〜」・・・もう少し顔が隠れるくらいの扇子がほしかったけど・・・

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

7月14日(金)9:30〜12:00

 

「ズッキーニを描く」新鮮なズッキーニならではの硬さ・色・重さ・触感の魅力を感じ、下地を作ることによるオイルパステルの混色を用いて表現します。量感画のプログラムは、久しぶりです。

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

Eme-ru raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>