| R | C | A | L | P |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(2/25)で「香り」と「風」を描きました。次回(3/18)は「きらきらきらめく レ・モ・ン」を楽しみます。

動かなければ出逢えない

 

見えないものでも描ける。

 

    

 

  

 

 

 

パウル・クレーも言っていた。

「芸術とは目に見えるものを複製することではない。見えないものを見えるようにすることだ・・・」と。

きょうは、心もからだも頭も柔軟にして、見えないものを感じて描いてみましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りをオイルパステルの鮮やかな色彩を使って表現しています。画面から漂ってくる香りを楽しんでください。

 

 

 

3月に入り各地で「春いちばん」の突風が吹きましたね〜〜〜

 

風は、その季節ごとに様々な表情を見せてくれます。〜〜〜風を思い出しながら美しい墨の濃淡で表現しました〜〜〜

 

 

 

 

 

 

〜〜〜誰が風を 見たでしょう  

      僕もあなたも 見やしない

       けれど木の葉を ふるわせて

         風は通りぬけていく〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜誰が風を 見たでしょう

      あなたも僕も 見やしない

       けれど樹立が 頭をさげて

          風は通りすぎてゆく〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に見えない風が、作者の感覚を通して

モノクロの世界ならではの深さと広がり、魅力的な形態に置き換えられています。

 

抽象表現って面白いですね。もっと挑戦してみたくなりますね・・・

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

3月18日(日)13:30〜16:00

 

「線遊びゴラージュ」

 

「きらきらきらめく レ・モ・ン」 レモンの形や質感の面白さ、光の加減による色味の変化を感じながら描いていきます。

 

お問合せ「アトリエラアム」工藤

URL  http://raamu.sakura.ne.jp/

eme-ru  raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>