| R | C | A | L | P |
生駒「臨床美術を楽しむ学習会」(2/16)で「石けん水で描く大根」を楽しみました。次回(3/15)は「春のデザイン」です。

「みんな違ってみんなよい。人の数だけ

   表現がある。」    (金子健二)

 

 

石けん水を使って大根を描く・・・

と聞いて、なんだかワクワクした気分で大根をなでたり持ち上げたりしました。

 

Fさんが育てた大根です。

水分たっぷりで、ずっしりと重い。新鮮な張り感と力強さがあります。

 

大根大好き! いろんな料理に使って、いくらでも食べられるわ〜〜〜と、描く前の大根話が止まらない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

石けん水を使って、大根のたっぷりとした量感を白抜きで描いていきます。

 

ジワ〜ッと広がった墨をぬぐうと、紙の白さが現れて、絵具の白を塗らなくても大根の白さが表現できるのですね・・・面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

大根の白の色味が美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墨と紙の白さにも濃淡が出て、味わい深いですね。

根の先までイキイキしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑から抜いてきた大根です。

自然な白さがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴロンとしていても、愛らしい大根です。透明感のあるピンク色が甘さを感じさせますね。

 

もうすぐ、魚のブリとご一緒させてあげますよ

・・・人間は何でも美味しく食べてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、食べる順番を入れ替えましょう・・・

どれも美味しそうです

 

 

 

 

 

〜次回のお知らせ〜

 

3月15日(日)13:30〜16:00

 

「春のデザイン」

 

線が構成する面の抽象的な形の面白さ、純粋に目の前の画面をデザインすることの楽しさを味わいます。

 

 

 

 

 

お問合せ アトリエラアム 工藤

URLhttp://raamu.sakura.ne.jp/

メール   raamu@celery.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

。。。。。。

 

 

 

| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>